VIOラインの色素沈着にハイドロキノンの効果はあるのか?

デリケートゾーン黒ずみケア ハイドロキノン

色素沈着のケアによく聞く成分がハイドロキノンです。
顔などのシミで皮膚科にいくと、おススメされる成分です。

ビキニラインへのハイドロキノンの使用について詳しく説明します。

ハイドロキノンの成分について

ハイドロキノンの濃度によって、医薬品の認可が変わってきます。

ハイドロキノン4%未満:化粧品や医薬部外品にも配合されている
ハイドロキノン4%以上:医薬品指定

これは濃度によって毒性が大きく変わってくるためです。

ハイドロキノンは顔のシミなどにも皮膚科医から推奨される成分です。

しかし、ビキニライン(VIO)には使われることはほとんどありません。
その理由は副作用と、効果がある反面刺激の強い成分なのでビキニラインには基本的に使えないと考えてください。

 

 

ハイドロキノンについて

ハイドロキノンは英語ではhydroquinoneと言われます。

ハイドロキノンはメラニン色素を作る細胞(メラノサイト)の活動を止めることが出来て同時に減少させていくことが出来ます。

アメリカでは美白=ハイドロキノンがすぐに出てくるくらい使われています。
医薬品指定の美白効果として有名です。

一方、日本ではハイドロキノンが使われるようになったのはここ数年の事です。
理由としては

  • 成分の不安定さ
  • 毒性の強さ
  • 刺激性

 

等がありますが、肌の漂白剤とも言われるくらい効果は出るようです。

 

ハイドロキノンとルミキシルの2種類の成分が比較されますが、ハイドロキノンの方が美白成分として強いです。

 

ハイドロキノンの4%以上の濃度は、医薬品となりますので医師の処方が必要です。
ビキニラインに使おうと思ったら、皮膚科医や美容外科への自らの色素沈着を説明して相談しなけらばなりません。

ハイドロキノンの副作用

刺激が強い成分なので濃度によっては副作用が確認されています。

主に、赤みや皮膚がむける副作用
5%以上の濃度の動物実験では発がん性も確認されています。

 

ビキニラインの色素沈着にハイドロキノンは使ってみたい!と思われるかもしれませんが、毒性と刺激が強く、ビキニラインには使えません。

 

ビキニラインは皮膚が薄く、顔の皮膚の数分の一しかありません。
刺激が強いハイドロキノンをビキニラインに使ってしまうと、思いもかけないトラブルが発生する場合があります。

自宅でビキニラインケアをするなら色素沈着専用クリーム

自宅で一人でこっそりビキニラインの色素沈着ケアをしようと思うなら、専用のクリームがピッタリです。

美容外科でも皮膚科医でも、ビキニラインの色素沈着について相談するのは恥ずかしいですよね。しかも、保険適用外なので費用も高額になります。

自宅での色素沈着専用クリームを使うケアは、断然安く行うことが出来ます。

何度も言いますが、ハイドロキノンはビキニラインの色素沈着には使えません。

 

ビキニラインの色素沈着に必要なのは
保湿と美白*の同時ケア!

ダブルケアしながら、低刺激するのが必要です。

それには専用のクリーム!

色素沈着を薄くなった実感を感じてください。

 

美白「*:メラニンの生成を抑え、日焼けによるしみ、そばかすを防ぐ」

コメント