ビキニラインのヘアはカミソリによる自己処理で色素沈着の原因になる!

デリケートゾーンかみそり カミソリ・毛抜き

ムダ毛時処理にカミソリや毛抜きを使っていませんか?

カミソリ+毛抜きを使うことで、肌にダメージが蓄積しています。

肌へのダメージはメラミン色素を増加させて色素沈着の原因となりますので、カミソリなどでの自己処理はやめた方が良いです。

専用のビキニラインケアクリームを使うことで、メラミン色素の増加を防ぐことが出来ます。

 

≫自己処理対策!ビキニライン専用クリーム

 

カミソリ自己処理による色素沈着の原因

ビキニラインに色素沈着が出来てしまうのは、カミソリによる自己処理です。
自己処理を行うことで、肌に刺激が蓄積されて、刺激から守るためにバリア機能が働きます。

バリア機能が働くことでさらにメラミン色素が増えていきます。

 

カミソリ⇒肌への刺激⇒バリア機能⇒メラミン色素増加⇒色素沈着
メラミン色素は紫外線や刺激から肌を守ってくれるのですが、色素沈着の原因となります。
女性の肌には欲しくない存在ですが、カミソリを使っている限りメラミン色素は増加してしまいます。刺激が継続していれば、メラミン色素の排出が進まず、色素沈着は残り続けるのです。

カミソリが原因の色素沈着を解消する!

カミソリが原因の色素沈着には3つの解消法があります。

  1. カミソリを使わない
  2. 徹底した保湿ケア
  3. 色素沈着専用クリームでケアする

 

カミソリを使わない

カミソリや毛抜きによる自己処理はすぐにやめてください。

アンダーヘアのケアをしたいなら、医療脱毛が最も刺激が少ない方法で、黒ずみが増えるのも一過性です。
ショーツによる擦れも刺激の原因となりますので、身体にフィットしていてゴムを使わないものを選択してください。

 

≫色素沈着を軽くする下着の選び方

 

徹底した保湿ケア

保湿ケアすることで、ビキニラインの肌のターンオーバーが正常化されます。

反対に乾燥してしまうと、肌のターンオーバーが乱れ、メラミン色素の排出がうまくいきません。

ビキニラインの色素沈着には保湿ケアがとても大切なのです!

*:日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐ

色素沈着専用クリームでケアする

色素沈着専用クリームは、2つの成分が柱となっています。

【美白有効成分+保湿成分】です。

1回のケアで、両方の成分を浸透させることが出来る特徴があります。

特に、厚生労働省認定の美白*有効成分が使われている専用クリームが本気でビキニラインの色素沈着ケアにはピッタリです。

美白有効成分には様々な種類がありますが、ビキニラインに使えて実感力が高いものはトラネキサム酸です。

トラネキサム酸を含むビキニラインの色素沈着専用のケアクリームをチェックしてください。

 

 

 

コメント