妊娠中、産後のビキニラインの色素沈着の原因と対策でピンク色を目指す!

妊娠中・産後

妊娠中と産後のビキニラインはかなりの色素沈着となります。
薄い茶色だったものが、真っ黒になるというのも珍しくはありません。

女性ホルモンの影響で起こっている色素沈着なのですが、積極的にケアしない限り黒ずみが薄くなるという事はありません。

 

≫ビキニライン専用の美白クリームをチェック

 

妊娠中のビキニラインの色素沈着原因

妊娠時は、胎児を育て守るために特有の女性ホルモンの分泌が盛んになります。

それがエストロゲンとプロゲステロンです。
これらの女性ホルモンはメラミン色素を刺激し、増加させます。

メラミン色素が増加することから、ビキニラインに色素沈着が発生します。

 

産後・授乳中のビキニラインの色素沈着原因

妊娠中はず~っと黒いのは仕方のないことなのですが、産後は女性ホルモンの量が落ち着いてきます。
しかし、授乳を続けている限り平常時のホルモン量よりも多いので、ビキニラインの色素沈着が薄くなることは少ないようです。

授乳が終わって女性ホルモン量が戻ると徐々に色素沈着も軽くなりますが、個人差があります。

妊娠中+授乳中+半年~1年=ビキニラインの色素沈着期間

 

めやすになりますが、授乳を終えて1年経過してもまだ黒いと感じる女性もいます。

 

ビキニラインの色素沈着は多くの女性が悩んでいる

自分だけまっくろなビキニラインで悩んでいるのではないか?

そんな心配は無用です。
かなりの女性が妊娠中・産後の黒ずみに悩んでいます。

 

 

妊娠中・産後の色素沈着は数年で元に戻る!

時間が経過することで、元に戻っていきます。

個人差がある時間ですが、必ず元の色にまで戻りますので数年間は我慢の時です。

 

その期間が長すぎると感じるならば、
保湿しながらメラミン色素を排出して、より薄い色のビキニラインを目指すことが出来る専用の美白クリームがあります。

妊娠期間から手軽にビキニラインに塗ることが出来て、肌へ優しいビキニラインの色素沈着のために作られた美白クリームです。

 

まとめ

妊娠期間から継続的なケアをしていれば、妊娠が終わっても、授乳が終わってもなかなか色が戻らないまま、まっくろ(;O;)

という事はありません。

積極的ケアで、妊娠後すみやかに元の色に戻すことが可能です。

ビキニライン専用のクリームは
メラミン色素の排出を促して、保湿を同時に行うことで肌のターンオーバーも促進させます。

 

 

コメント